ちぇこらどかのどこかで奮闘記


只今、イギリスはマンチェスターにて三人四脚奮闘中。
by czekoladkanew
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事

満3週

7月29日日曜日、今日もイギリスはマンチェスターにて奮闘中。

チビちぇこ、4W1D。(4週目1日)
満3週になって、今日から4週目に突入!

今日はチビちぇこに代わって、ちぇこらどかが綴ります(^^)
チビちぇこ誕生後、3週間の奮闘の模様を。

ものすごい勢いで毎日が過ぎていきます。

朝も昼も夜も区別の無い、24時間フルタイム、そして、トイレ休憩や食事休憩やリラックス休憩が無い、超ハードなお仕事をしています。

そんな超ハードなお仕事の、お給料は、と言えば、

チビちぇこがすごいスピードで日に日に大きくなっていくこと(重たく&長くなっていく)と彼女の笑顔(^^)

3週間経って、ずっしりと重くなりました!

抱っこをしていると、腱鞘炎になりそう。
授乳時にも、これまでのように直線抱き(って言うのかな?チビちぇこを水平にしてちぇこらどかのお腹のほうを向かせ、ちぇこらどかのお腹とチビちぇこのお腹がぺたっとくっ付くように抱く抱き方)をして授乳をするのが苦しくなってきました。重過ぎて10分ともちません(^^; なので、昨日からは、ちぇこらどかのお腹のほうを向けて膝の上にお座りをさせて、首を支えてあげて、おっぱいをくわえさせる授乳ポジションに変更。チビちぇこも飲みやすくなったみたい。直線抱きだと、重くて支えきれず、だんだんずり落ちてきて、まだ飲み終わってないのに乳首から口が離れちゃって、くいつこうとするけどまたずり落ちちゃって、という具合で、しょっちゅうご機嫌損ねてたから(^^;

生まれたての頃は、マッチ棒みたいで、オムツ換えの時に掴むのが怖かった足も、ムチムチに。足のサイズや手の平のサイズも大きくなって、お腹も大きくなりました(^^)

胃や腸などの消化器官や膀胱も大きくなってきたみたいで、ここ数日で生活パターンが落ち着いてきて、ルーティン化してきました。

ここに辿り着くまで、苦労しました~

3週経ってみてわかったこと。今のチビちぇこの様子。





基本は、

生後1ヶ月ぐらいは、とにかく、食事(ミルクを飲む)、排泄(ウンチ&オシッコ)、寝る、これだけ。つまり、これまでママのお腹の中でずっとやってたこと。
目の焦点が合ってないし、起きて遊ぶ、というのはない。起きるのは、お腹空いた時、ウンチ気張る時、ミルク吐きそうで苦しい時、オムツが気持ち悪い時、寒いもしくは暑い時、どこか具合が悪い時、そのぐらい。

それと、理解しようと心掛けてなかなか飲み込めないで、ついつい大人の観点に当てはめて行動してしまうのだけれど、新生児を扱う上で心得ていないといけないこと。

新生児の臓器(消化器官)、特に、胃、腸、膀胱について。

大人の何十分の一の大きさだから、食事も排泄も少量を何度もしないといけない。
大人の食事は一日三度だけれど、新生児、特に母乳育児の場合、1時間に一度程度。大人のオシッコは、人にもよるだろうけど、まあ一日6回ぐらいかしら。新生児は、一日30回だそう。大人のウンチは、便秘とか下痢でない限り、一日一度。新生児は1時間に一度の食事の後、必ずウンチ。胃も腸も小さいから、食べたらすぐに消化して排泄する。だから、おっぱいの後しばらくしたらすぐウンチが出る。

大人の感覚で捉えると、「え~?さっきミルク飲んだばっかりやん!」「さっきオムツ換えたばっかりやん!」ってなるのだけれど、新生児にとっては、それが当たり前。だって、胃も腸も膀胱も全部ちっちゃいんだもの。

オシッコを一日30回もすることを考えると、オムツをすぐに気持ち悪がるのは納得できる。1時間ほど寝てる間に何度もオシッコをして、パッと見ただけではわかりにくいけれど、オムツがグショグショ。臭うとアンモニアの臭いがプンプン。これを長時間放っておくと、何の免疫も無い超敏感肌がアンモニアやらウンチやらいろんな化学反応の攻撃にあって、すぐにオムツかぶれができてしまう。だから、オムツは1~2時間に一度は換えてあげないといけない。

夜は3時間ほど寝るから、その時は起こすのがかわいそうだし、3時間ほど換えないでいるけれど、、、

この基本を頭に入れながら、毎日、ひたすら授乳、オムツ換え、寝かせる、をやってます。

3週間経ったチビちぇこのパターンは、

授乳→お腹いっぱいになったチビちぇこを30分立ち姿勢で抱っこ→ベッドに寝かせる→お腹が空いて目が覚める→次の授乳

授乳は1時間に一度、30~40分。
睡眠は昼間なら1時間ほど、夜なら3時間ほど。
授乳と睡眠の間に、立ち姿勢で抱っこする時間が30分ほど、その後、オムツ換えに30分ほど、そして、やっとベッドへ。

1時間したらまたお腹が空いて目が覚めて、授乳。上のルーティン開始。

ひたすらこれの繰り返し。

授乳中は、ひたすらじっと座って授乳に専念しないといけない。片手間におしゃべりしたり、電話したり、自分の食事を摂ったり、洗濯したり、料理したり、はできない。

2週目に授乳中に色々他のことをやってたことが主な原因で、3週目は数日連続で夜泣き=colic(日本語では、黄昏泣き?)に苦しんだ。これについては、また別の機会に綴ります。

授乳中は、乳首を吸っていてふと休憩する際にげっぷを出すこともあったり、消化を促すために、休憩中は立ち姿勢で抱っこして背中をさすってあげたりしないといけない。チビちぇこは、これらをしてほしい時に、乳首を離す。乳首を離すのはお腹いっぱいのサインだと思ってたから、最初は、乳首を離す度に授乳を止めてそのままベッドに寝かせてた。すると、すぐ目が覚めて泣き出す。げっぷを出したい、消化不良で苦しい、って。これがわからず、colicになってしまった。それ以降、げっぷをしたいというサイン、消化しやすいように背中をさすってほしいというサイン、完全にお腹いっぱいになったというサイン、が出るのを見逃さないように、授乳中はひたすらじっと座ってチビちぇこを見つめている。他のことをするのはNGだって、わかった。

さらに、首が座っておすわりをしている時間が長くなって重力がきちんと働いて消化を促せるようになる3ヶ月以降までは、授乳後にしばらく立ち姿勢で抱っこして、げっぷを出させる、背中をさすって消化を促す、ということが必要みたい。

おっぱいにかぶりついてミルクを飲む際に、空気もたくさん飲む。でも、まだお座りをしている時間のない新生児は、重力が働かず(?)、胃の中にミルクよりも先に空気が下に溜まる。げっぷを出さないでいると、この空気が弾丸のごとくミルクを押し出して食道を逆流し、吐くことになる。

重力が働かないので、食べたものがうまく下らず、消化も悪い。だから、ママにとっても消化に悪い豆類やコーン、トマトなどは、新生児にとってはもっともっと消化に悪い。逆に、胃が未発達だから、ママにとって消化に良い牛乳などの乳製品、ブロッコリー、キャベツ、白菜、など、それと、胃に刺激を与える辛いもの、酸味の強いシトラス系フルーツ(柑橘類)、は駄目。ママは自分が食べるものにものすごく気を遣わないといけない。アレルギーが出るもとになる、チョコレートやナッツも駄目だし、ママは何を食べて良いのやら、、、栄養失調になりそう、、、

げっぷを出させるため、消化を促すため、授乳後は必ずしばらく(30分ほど)立ち姿勢で抱っこし続けないといけない。自分が眠いとついつい、ま、いっか、さっさと寝かせて自分も寝たい、とこれを怠って次のルーティンにいこうとするのだけど、そうすると、決まって吐く、消化が悪くてウンチが出にくく、寝てる最中にバタバタ動き出して、「うきゃ」とか声を出し始めて、しまいには泣き出す。

知らずにこれを続けてたのも、きっとcolicになった原因。

自分の時間がほとんど無い&食べたいものが食べられない。
母乳育児ってこんなに大変だったのね。
何度、もうこのへんで頑張るのは止めて、フォーミュラにしようかしら、と思ったか。

オムツ換えに手間取って、長く掛かってしまって、その間にお腹が空き始めたチビちぇこが泣き出したりすると、おしゃぶりや搾乳した母乳を入れたボトルがあれば、ラクかな、って思うけど、これも、まだやってない。ばーとがさせてくれない、、、とほほ。ついつい、こっちの気持ちもわかってよ!とイラついたり、男性のおっぱいからもミルク出たらいいのに!って思ったり(笑)
ギリギリまで頑張るつもり。でも、そろそろ限界、、、

だって、さっき授乳したから、もうしばらくしないで大丈夫、と思って、シャワーを浴び始めたり、何か食べ始めたり、し始めると、次の授乳までの1時間なんてあっと言う間にきてしまって、え?もうそんなに経ったの??っていう感じ。お腹いっぱいになり切ってないのに気が付かず、途中で授乳を止めちゃった場合なんて、最悪!シャワー浴びてて、愚図り出して、あれ?なんで??ミルク飲んだばっかりなのに??って思ってると、お腹空いて我慢し切れなくなったチビちぇこが、髪の毛を手で引っつかんで顔を真っ赤にして泣き叫び出す、、、そんなことがしょっちゅう。

でも、いいことも見えてきた。

授乳中にチビちぇこに集中してると、とってもかわいい!
お腹空いた~!!!ってすごい勢いでかぶりついて、ミルクを飲む姿、5分ほどしたら落ち着いて、目を閉じ始めて、安らかな顔でおいしそうにミルクを飲む。肌と肌が触れ合って、ちっちゃい手が私のおっぱいを一生懸命掴んだり、私の指を握って離さなかったりする。あぁ、私の腕の中で安心し切って飲んでるんだな~、チビちぇこにとっては、これだけが命の手綱だもんな~、って思うと、かわいい、愛しい、と思う気持ちと共に、母性本能が爆発。私が守ってあげなきゃ!と(^^)

母乳による授乳が良いって言われる理由はこういうところにあるんだろうなぁ。

ママと赤ちゃんとの触れ合い、アタッチメント・ペアレンティング。
私が目指していること。

授乳後に立ち姿勢でしばらく抱っこするのも、アタッチメント・ペアレンティング。

チビちぇこ誕生の直後、ミッドワイフがチビちぇこをちぇこらどかのお腹に乗せてくれて、2時間ぐらいずーっとそのまま、ちぇこらどか&チビちぇこ&ばーとと3人でプライベートな時間をまったりと過ごした。これまで10ヶ月間過ごしてきた子宮の中から、突然外界に飛び出してきたチビちぇこ、こうすることで、懐かしいあったかいママのお腹の中に居てる様な気分になれて、安心する。

それは、今も変わらない。

立ち姿勢で抱っこしようと思って、セミかコアラみたく(笑)肩にひょいと乗っけて抱っこしてて、腰が痛くなってきて座ると、肩からズルズルと自然と降りてこようとして、そのまま全身をぎゅ~っと亀の甲羅みたいに丸めて、首もこれでもかと言うぐらい縮めて、頭からつま先まで真ん丸ボールみたいになって、ちぇこらどかのお腹の辺りにちょこんと収まる。ヨガの名人も真っ青なぐらい(笑)、体が柔らかい(笑) 最初は、こんな姿勢で苦しくないのかな~ 首大丈夫かな~って心配してたけど、これぞ、まさに子宮の中に居た時の姿勢そのもの!
きっと、子宮の中が恋しいんだ、この姿勢が一番落ち着くんだ、と思うことにしてる。本人は気持ち良さそうにすやすや眠っていて、ばーとがフードプロセッサーをガリガリ鳴らして料理してても、ぴくりとも動かないぐらい(笑) 気持ちの良い抱き方だという証拠だね。

でも、この調子でずっと抱っこしっぱなしじゃ、ちぇこらどかの腕や腰は痛くなる一方だし、片手で起用に家事やその他自分のことをこなすにも限界があるし、身動きが取れない、、、(--)

そろそろスリング登場かな♪ 
ほんと、買って良かった、スリング。
って、まだ使ってないから何とも言えないけど(^^;

スリングにひょいとチビちぇこを入れておけば、チビちぇこをずっと支えておかないでも抱っこし続けられるし、すやすやと寝ててくれるだろうし。

ばーとは、おっぱいをチビちぇこに独占されて、すねてる(笑)

1週目、2週目はこれに気が付かず、あまりにしょちゅう授乳しないといけない、自分のことがままならない、眠い、お腹空いた、トイレ行きたい、とどんどんイライラが溜まって、授乳中は「あぁ、早く飲み終わってくれないかな~」ってそればっかり考えてた。

授乳中のママの気持ちは、赤ちゃんが敏感に感じ取るらしいし、本当かどうかわからないけれど、ミルクにも出てしまって、こういうイライラした気持ちはミルクがまずくなるらしい。

これもきっとcolicになった原因。チビちぇこ、せっかちなママに合わせて急いでミルク飲もうとしてくれてたんだろうね、ごめんね。ミルクもきっとまずかったね。反省。

こういう色々が見えてきて、うまくやるように心掛け始めたら、colicの症状も出なくなって、夜も3時間おきの授乳で寝てくれる。だから、ちぇこらどかも2~3時間ずつを2回、合計4~5時間ほどは寝れるようになった。眠気がマシになってくると、イライラするものマシになってきて、相互作用でいい方向へ。

あとは、オムツかぶれが完治してくれたら、もっと愚図らずにぐっすり寝てくれるかな~

4週目はさらにいろんなことが見えてきて、もうちょっと落ち着いてくるかな♪
[PR]
by czekoladkanew | 2007-07-29 09:37 | 育児のこと(0ヶ月歳)
<< いい湯だな、あははん♪ チビちぇこです♪ >>


☆ようこそ☆
遊びに来てくださって
ありがとうございます!
どうぞごゆっくり♪

☆お断り☆

記事に関係の無いと思われる迷惑トラックバックや書き込みは断り無く削除させて頂きます。

☆リンク☆

ぶにせさん♪シドニー日記

☆Kiyori☆


Far far away, from Brooklyn

とも と まーちん

Catherine's Room

Happy Life

MAN生活

くまのポーランド生活

The Hourglass Turns

ふらり大阪、ふらりソウル、ふらりポーランド!?

元祖ちぇこらどかブログ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧